今朝、たまたまNHKの番組を見ていましたら、“キレる子ども”というテーマでした。どんな内容で進んでいくのか関心を持って見ていました。キレてしまう子どもさんのお家の様子などから始まりました。何故キレやすくなるのか、ちょっとしたお母さんの言葉にもキレてしまう状況を見て、その原因が少しづつ番組の中で見えてきました。そのひとつには、毎日学校があり、帰って来るとお稽古事がありで、なかなか子どもが子どもの意志で自由に遊べないのかな〜と思って見ていました。多分、彼らの中では気持ちがいっぱいいっぱいなのだと思います。 その中である学校の取り組みとして、朝、授業前に15(?)分位校庭でクラス単位でバスケットなどして身体を使って楽しく遊ぶことで子どもたちの心が発散されることや、又ある学校では、教室で一人一人の短所を自分で書き向かい側に座っているお友達が、その短所を長所に変えてあげるということをして自信をつけさせてあげる、という授業(?)を見て素晴らしいな〜と思いました。 続きはまた明日です。